騎乗位とは

■騎乗位とは
セックスをする時には、色々な体位を実行して楽しみましょう。
騎乗位もおすすめです。
男性が仰向けに寝転がり、女性がその上から乗る形になります。
女性が一旦またがって男性器を女性器の中に挿入しても良いですし、またがる際に同時に挿入しても問題ありません。
セックスをする際には、通常男性が腰を振ることが多いです。
しかし女性も動くことが出来る体位なので、女性に動いてほしいとリクエストしてみましょう。
腰の動かし方ですが、上下にピストンをするように動く方法があります。
初めはゆっくりと男性器を抜き差しするように動き、慣れてきたら速く動かしましょう。
あまり上下に動きすぎると、男性器が抜けてしまうこともあるので加減をして下さい。
また上下にだけ動くことを考えて、横に動かないようにしたいです。
下に下がる際に、まっすぐ下がらないと男性器が抜けて膣の入口に当たることがあります。
勢いがついていると痛いと感じることもありますので、その点からも初めはゆっくりと動いた方が良いでしょう。
併せて前後ろに動く方法もあります。
男性器を女性器の奥にあてて、ぐりぐりとこすりつけるような動くと気持ちが良いです。
男性器がどれぐらい大きいのか、大きさを感じやすい方法でもあります。
騎乗位から別の体位に変更も出来ます。
対面座位に変更をする際には、男性に起き上がってもらえば良いです。
寝ている所から座るように体を起こしてもらえば、一旦外に男性器を出すことなく移動が出来ます。

■女性優位の体位
基本的にSEXは男と女の体をぶつけ合うコミュニケーションの一つであります。
そして男性が攻める側、女性が責められる側という位置付で展開されるのが全体の流れになっています。
その中でフェラチオと騎乗位の二つは、どちらもSEXの色々な場面の中で数少ない、女性がイニシアチブを握れる行為であります。
騎乗位は仰向けになった男性に、女性があたかも馬にまたがるように乗っかって上下することで性器のこすりあいをする方法でこの名前がついています。
確かにAVビデオのイメージ映像とかにこの形が採用されるのは、絵柄的にも結構生えるからなのですね。
入り方としては、二通りあります。
一つは正常位で仰向けの女性を男性が攻めていて、バリエーションを変えるということでやにわに持ち上げて男性の方が下になり下になっていた女性の方が浮かび上がってくることがあります。
そのときに自然にこの形になります。
コツは男性が女性に覆いかぶさってそのまま体を起こして女性をそこに残して自分は倒れこんでしまえばいいのです。
もうひとつは、フェラチオからのステップアップの形があります。
女性が男性性器をいたぶり、なめて、こすってしばらくすると元気いっぱい天井を向いてそそり立つようになります。
そうなるとそのそそり立った男性性器の上にまたがってみたい、女性の体の中に収納してみたいと思う気持ちになります。
その時に女性が性器の上にまたがると自然にこの形になります。
この体位の特徴は、見た目が派手なので男性も女性も非常に興奮してしまうところにあります。
ただ女性が上下することで初めてお互いの性器がこすりあうので、女性の上手い下手がもろに気持ちよさに現れてきます。
男性の胸からおなかにかけて両手をつくことで支持が取れるので男性がそういう風にリードしてあげると流れがスムースになるので、覚えておきましょう。