手マンのポイント

女性と男性は、愛し合う事で肉体、心が満たされます。
思春期では、異性の口、胸、足、尻などに興味が出始めてきます。
性行為を行った年齢も、低年齢化するなど、楽しむ時代と言えます。
そんな性行為を覚えるには、本、DVDなどが便利な教科書になります。
中でも、DVD、動画では、いろんな行為、実技が見られます。
アダルト系は、きれいな女優や企画、内容も様々で性行為が魅力的に感じます。
しかし、女優達は、本当の快楽気持ちよさを得ている訳では、ないみたいです。
オーバーな演技、仕事として行っているなど、好きな人と性行為をする方が快感度は、高くなります。
例えば手マンでは、動画の中だと、男優の激しさ動きに目を奪われますが、女性器をハードに弄り過ぎると痛み、傷が付きやすくなります。
女性器は、敏感であり柔らかい箇所なのでやさしく弄る事が大切です。
上手な愛撫は、長過ぎず短すぎず、適度な時間をかける事でお互いの快感度がアップしてきます。
女性が満足する女性器の前戯は、まず、雰囲気作りから始めます。
明かりが付いていると、女性は恥ずかしいので薄暗い感じがベストになります。
そして、女性器を直接触らず、太もも、下着の上から攻めるようにします。
下着を脱がして、女性器を手で愛撫する箇所としてクリトリスがあります。
クリトリスは、膣と並び女性にとって快感がすごく得られる部位です。
この部分を、指で弄ったり摘んだりしながら女性の反応を楽しみましょう。
そして、クリトリスから大陰唇、小陰唇、膣へ愛撫は、進んで行きます。
性行為で挿入する部位、膣は、女性が手マン・舐める事で最初のオーガズムを得る場所になります。
それだけに、男性の上手な仕方が快感を左右してきます。
膣は、愛液を出す箇所でありデリケートゾーンなので、手を強引に入れる事はダメです。
女性器を濡らし、1本の指を徐々に挿入して出し入れを行います。
この時、激しくすると拒否反応を示す女性もいるので、ソフトな動きがオススメになります。
1本から2本の指を挿入すると、快感が増していくなど重要なポイントです。
手は、いろんな動き、利用が行える部位なので性行為が上手な人ほど、使い方も器用と言えるでしょう。